テレワークはメリットの方が多い

テレワークという言葉がここ最近浸透しましたが、これからは会社にわざわざ集まって仕事をするというのは古いという時代が来るのです。
テレワークのメリットはやはり、会社に行かなくて良いことです。
会社に行くことで、通勤時間や同僚とのおしゃべり、必要なのか不明な会議といった無駄な時間とコストが発生します。テレワークにすることで全て断捨離できるのです。

その浮いた時間や労力を仕事に当てることができます。
出社にあたり、身支度が必要なので場合によっては洋服をいくつも購入しなければなりません。女性であればお化粧品が必要です。
それらを購入する時間やどれにするか選択する時間も短縮することができます。都会であれば満員電車で通勤することもなくなります。

ラッシュ時の電車がストレスになっている人は私も含め大勢いると思います。人と人との接触を減らせるので、ウィルスをもらったり誰かに移したりといったこともありません。
企業側もかなりのコスト削減ができると思います。
オフィスを借りている場合は、賃料や従業員のデスク・チェアも必要ありません。
交通費ももちろん必要ありません。これはかなり大きいと思います。
その浮いた分を、従業員の給与アップもしくは教育費にあてたり投資したりすることもできます。

テレワークにすることは、企業側からみても従業員からみてもウィンウィンなのです。
企業側デメリットとしてはセキュリティの問題があります。
ここはしっかりと投資をして、信頼できる企業に相談をし、セキュリティ面を強化する必要があります。
また、コミュニケーションの問題もあります。
メールや電話だけだと表情や身振り等で相手に感情を込めて伝えることができず、冷たい印象をあたえてしまうこともあります。
ですが、テレビ会議などウェブカメラを使用することで解決すると思います。

従業員側デメリットとしては、テレワークすることでプライベートとビジネスの境があやふやになってしまうこともあります。
自宅で仕事をしている場合はなおさらです。
従業員個人の管理能力が必要となってきます。
どうしてもだらけてしまう場合は、カフェや図書館で仕事をし使い慣れると良いでしょう。また慣れるまでは自宅にいても出勤する時と同じようにお化粧をしたり洋服を着替えたりしてモチベーションを上げていくべきです。

メリットとデメリットを挙げましたが、テレワークにするということはメリットの方が多いです。時間お金ストレスの軽減することで大切な人と過ごす時間をもっと幸せにすることができます。今以上に浸透したらいいなと思います。

タイトルとURLをコピーしました